VIOの正しい自己処理の仕方

アンダーヘア(VIO)の脱毛は、最初は欧米のセレブの間に行われていたものが、今や日本でも多くの女性が普通にVIOの脱毛するようになって来ました。こちら千葉の脱毛サロンや美容外科でもワキや腕、足の脱もと同じようにVIOの脱毛をする女性が増加中です。
欧米人の間ではアンダーヘアの脱毛はもうすでに一般的になっていますが、遅ればせながらも日本でもそんな状況に近づきつつあるようです。

 

カミソリや電気シェーバーはアフターケアが大切

カミソリでVIO処理

VIOの自己ケアの主な方法としてはカミソリやシェーバーを使って剃る方が、千葉の女性の中にも多いかと思います。かみそりを使ってのお手入れは確かに簡単にできてしかもカミソリの値段もそんなに高くないのでお金もかからないというメリットがありますね。ピンセットで1本1本抜く方法に比べると手早く広い範囲の毛を処理できると言うのもカミソリやシェーバーを使う女性が多い理由だと思われますね。

このように手軽で簡単にできる自己処理の方法ですけれど、お手入れをしてもすぐに生えてきて効果が長続きしないのでその分頻繁にやらなけらばなりません。かみそりで剃ることで肌の角質も削ぎ取ってしまいお肌にダメージを受けてしまいます。そしてそれが頻繁になればなるほどダメージが蓄積されて様々なお肌のトラブルが発生してしまうんです。もしカミソリを使うなら毎回しっかりとアフターケアに時間と手間をかける必要があります。

 

毛を抜くのは痛い

毛抜きを使ってデリケートゾーンの毛を抜くのはかなりの痛みが伴います。Iラインの粘膜に近い部分は本当に激痛になるようです。毛は毛根から抜けるので処理自体はけっこう長持ちするのでカミソリよりは持ちがいいのは確かだしそれなりキレイに仕上がります。ただ1本1本毛抜きやピンセットで引き抜くのは時間がかかるのでそのうち面倒になって止めてしまう人もいるようです。毛穴に雑菌が入ってしまい毛嚢炎になったり埋もれ毛になったりすることもあって厄介です。毛が埋もれてしまう埋没毛は自宅で治療することができないので必ず皮膚科など医療機関受診しなければなりません。

 

除毛クリームはお手軽ですが

人気の千葉エステ

VIOに除毛クリームを使っても大丈夫なのでしょうか?除毛クリームは毛を処理したい箇所にクリームを塗って一定時間経ってから洗い流すだけでムダ毛のお手入れができるので最近は千葉の女性の間でも人気ですね。クリーム自体に刺激性が強いのでVIOのようなデリケートな部分にも使えるのかどうか心配な方もいることでしょう。一般的には除毛クリームをVラインには使ってもiラインやOラインには使わない人が多いようです。というか基本的には粘膜部分には絶対に使ってはいけませんし、VIOのようなデリケートな部分に除毛クリームを使う場合には特に慎重に使うのが基本ですね。

除毛クリームと言う名の通り完全に毛を脱毛してしまうわけではなくて表面に出ている毛を薬剤で溶かすだけなので、またすぐに毛が伸びて目立つようになります。個人差はありますが3日〜7日程度しかもちません。

 

ヒートカッターご存じですか?

ヒートカッターおススメ

ヒートカッターって何?

それは熱で毛を焼いて切ってしまうアイテムです。ヒートカッターをアンダーヘアの脱毛に使っている千葉の女子もいるんだそうです。
ヒートカッターを使ったお手入れの利点は、毛の切断面が丸くなるのでカミソリのように処理後のチクチク感がないですし、お肌に触れたりすることがないので肌にも優しいし、しかもお手入れ自体が意外に簡単なんです。
カッターで毛を切るなんて難しいし手間がかかるんじゃないかしらと思うかもしれませんが、実際に使ってみるとそんなことはなく10本20本と一挙に焼ききれるのでVラインならそんなに時間をかけずに処理できます。熱で焼くなんて暑くて火傷してしまうのではと心配すると思いますが、きちんとガードが付いているので直接肌には触れないように安全対策もしてあるので安心です。
脱毛と違うので毛が全くなくなるというわけではありません、どうしてもいくらか毛が残ってしまいますので、脱毛・除毛でなく毛を切って短くするものだと理解してください。
それでもビキニラインのむだ毛が短くなる事で見栄えは格段に良くなります。

 

関連ページ

VIO脱毛は痛い という話だからどうしようか困惑します
VIOは繊細な箇所でありつつ、見られる気恥ずかしさは言うまでもなく、その 強烈な痛みが生じるという理由で脱毛をやりたくても、戸惑っちゃう という女性もそれなりにいるみたいですね。
デリケートゾーンの衛生面をサポート
VIOの脱毛は衛生面での効果もあるということをご存知でしょうか。デリケートゾーンのむだ毛が濃いと見た目をきにして脱毛処理する方が多いのですが、それ以上に衛生面でのメリットには素晴らしいものがありそうですね。